【6月度講師派遣】6/11(土)15:00~ 文学部教授 安藤寿康先生

【6月度講師派遣】6/11(土)15:00~ 文学部教授 安藤寿康先生による講師派遣行事を開催します。

日時:6月11日(土)15:00 から 17:00
演題:「能力はどのように遺伝的か」
開催形式:オンライン形式(WebExを使用。詳細は「会員用ページ」の「会員へのお知らせ」をご覧ください)

安藤教授のご専門は行動遺伝学、教育心理学、進化教育学です。2022年度夏期スクーリングでは「教育心理学概論」の講義をご担当されます。『日本人の9割が知らない遺伝の真実』、『遺伝子の不都合な真実』、『なぜヒトは学ぶのか』、『遺伝と環境の心理学』、『心はどのように遺伝するか』など多くの著書も発表されています。

今回は「能力はどのように遺伝的か」というテーマでご講演いただきます。安藤教授は著書において、人間の能力や性格など、心のはたらきと行動のあらゆる側面が遺伝の影響を受けているという事実を明らかにされています。遺伝と環境は、人間にどう影響しているのか、科学的な解明を目指して20年以上研究していらっしゃる教授のお話を直接伺える貴重な機会となります。(『遺伝子の不都合な真実』/慶応義塾大学研究アーカイブより)

【備考】
湘南慶友会の会員の方は学部に関係なくどの学部の方も参加可能です。
事前の参加申し込みは必要ありません。
14:45からオンラインミーティングに入室可能です。
オンラインミーティングに入室されましたら音声をミュートにしてください。
講義の録画は禁止です。

安藤寿康先生 Profile

慶應義塾大学文学部教授

1981年 慶應義塾大学 文学部 大学 卒業
1983年 慶應義塾大学 社会学研究科 大学院修了 修士
1986年 慶應義塾大学 社会学研究科 大学院 単位取得退学 博士

教育学専攻
教育心理学、行動遺伝学

教育の遺伝的・進化的基盤を解明する「進化教育学」の構築に関心。
著書は、『日本人の9割が知らない遺伝の真実』、『遺伝子の不都合な真実』、『なぜヒトは学ぶのか』、『遺伝と環境の心理学』、『心はどのように遺伝するか』など。

安藤寿康先生「遺伝と環境は人の成長にどう影響する? ふたごを調査して実証的に研究」